<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

福手ゆう子区議(都議予定候補)街頭から訴え~山添拓参院議員も応援に

 福手ゆう子区議(都議予定候補)は19日、千駄木のみずほ銀行前・白山上・茗荷谷駅前で街頭宣伝を行い、都政挑戦への決意を訴えました。山添拓参院議員も福手ゆう子区議の応援に駆け付け街頭から国政報告を行いました。

 山添拓議員は、臨時国会の乱暴な政治の様子を報告しました。安倍首相は「自民党は結党以来、強行採決は考えたことがない」とうそぶきながら、三大悪法(TPP・年金カット・カジノ)を強行採決しました。不十分な審議で採択したカジノ法も年金カット法も施行は2~5年後であり、まだまだ反対世論を大きくして廃止に持ち込むことはできる、その為の運動と連帯が重要と強く訴えました。


 福手ゆう子区議・都議予定候補は、「岐阜で生まれた自分の周囲には平和や暮らしをよくする運動をしてきた父や党員の姿が側にあった」と生い立ちから切り出し「大学卒業後のフリーター生活はどんなに働いてもギリギリの生活から抜け出せず、正職員となって、はじめて普通に働きくらせる重要さを知った経験。医療事務で働く中、医療介護の制度改悪等で命が大切にされない政治、見て聞いてきたこと、学んだこと、運動してきたことが、政治を変えるために区議会議員となったきっかけだった」と、昨年4月の区議初当選までの思い紹介。 

 区議として区民の運動に支えられ運動と共同する日本共産党区議団の議会論戦の一翼を担い、成果を実感しながらの1年7か月が経過している一方で、東京都が福祉の仕事を真正面に置く都政へ変わらなければ、区民のくらしが良くならないことも実感したと語り、小竹ひろ子都議からバトンを受けて、来年、都政に挑戦する決意を訴えました。

 子ども・働く世代・高齢者にとって、今本当に必要なのは、福祉を充実させ安心した暮らしのできる社会にすること。憲法25条で守られるべきことです。そして、主権は私たちにあるのです。私たちの手で都政を変えていきましょう。

 

週刊「お元気ですか 日本共産党区議会議員 福手ゆう子 バトンタッチニュース版」12月27日号より 



[PR]
by y-fukute | 2016-12-27 16:45

福手ゆう子区議(都議予定候補)街頭から訴え~山添拓参院議員も応援に

 福手ゆう子区議(都議予定候補)は19日、千駄木のみずほ銀行前・白山上・茗荷谷駅前で街頭宣伝を行い、都政挑戦への決意を訴えました。山添拓参院議員も福手ゆう子区議の応援に駆け付け街頭から国政報告を行いました。

 山添拓議員は、臨時国会の乱暴な政治の様子を報告しました。安倍首相は「自民党は結党以来、強行採決は考えたことがない」とうそぶきながら、三大悪法(TPP・年金カット・カジノ)を強行採決しました。不十分な審議で採択したカジノ法も年金カット法も施行は2~5年後であり、まだまだ反対世論を大きくして廃止に持ち込むことはできる、その為の運動と連帯が重要と強く訴えました。


 福手ゆう子区議・都議予定候補は、「岐阜で生まれた自分の周囲には平和や暮らしをよくする運動をしてきた父や党員の姿が側にあった」と生い立ちから切り出し「大学卒業後のフリーター生活はどんなに働いてもギリギリの生活から抜け出せず、正職員となって、はじめて普通に働きくらせる重要さを知った経験。医療事務で働く中、医療介護の制度改悪等で命が大切にされない政治、見て聞いてきたこと、学んだこと、運動してきたことが、政治を変えるために区議会議員となったきっかけだった」と、昨年4月の区議初当選までの思い紹介。 

 区議として区民の運動に支えられ運動と共同する日本共産党区議団の議会論戦の一翼を担い、成果を実感しながらの1年7か月が経過している一方で、東京都が福祉の仕事を真正面に置く都政へ変わらなければ、区民のくらしが良くならないことも実感したと語り、小竹ひろ子都議からバトンを受けて、来年、都政に挑戦する決意を訴えました。

 子ども・働く世代・高齢者にとって、今本当に必要なのは、福祉を充実させ安心した暮らしのできる社会にすること。憲法25条で守られるべきことです。そして、主権は私たちにあるのです。私たちの手で都政を変えていきましょう。

 

週刊「お元気ですか 日本共産党区議会議員 福手ゆう子 バトンタッチニュース版」12月27日号より 



[PR]
by y-fukute | 2016-12-27 16:45

給付型奨学金

給付型奨学金制度

私には、大学授業料を奨学金やバイトで賄い、病気の親に一切頼らず(頼れなかった)大学に通った知り合いがいます。
一か所だけでは足りないので、二か所から奨学金を借りていたため、返済額も大きいです。
大学時代の苦労を想像すると大変なものだったと思います。

返済する時に、人は予想しない様々な出来事が起こります。
家族の病気や、一人で子どもを抱える生活等・・。

本人が元気であれば返済免除とはならず、所得制限にかからなければ、減額や猶予もない。
そんな中で、その人は今家族を守りながら、返済をしています。
返済なしの奨学金であったならば、どんなに良かったでしょう。

教育は、貧困の連鎖から抜け出す重要な機会です。
どの人も持つ可能性が生かされる社会へ、
学ぶことが保障される社会へ変わらなければならない。

来年度から、国は給付型奨学金制度を導入します。
17年度は約2800人、18年度以降は2万人に月2~4万円給付されます。
これでどれだけの学生が手に届くのかといえば、日本学生支援機構の奨学金を借りている学生が約130万人だと言われ、
ほとんどの学生には当たらないハードルの高い制度となっています。


多くの学生、そしてこれまで苦労してきた人たちの願いこたえる制度実現へ、私もがんばります。



[PR]
by y-fukute | 2016-12-26 16:38

山添拓参院議員とともに、千駄木・白山上・茗荷谷の3か所で街頭宣伝

 18日日曜日、今年7月の参院選挙で国会に押し上げていただいた山添拓参院議員や小竹ひろ子都議、細野真理衆院2区予定候補とともに区内3カ所で訴えました。寒さの中たくさんの方に聞きに来ていただき本当にありがとうございました。
 この日の演説は原稿をスタッフのみなさんと検討し練り上げたもので、数日前までものとはガラッと変化させ、私の思いと決意を訴えさせてもらいました。
 「福祉の心で都政改革」を私の思いとともにこれからも訴えてゆきたいと決意しています。(写真は茗荷谷で左から島元区議団長、小竹ひろ子都議、福手ゆう子区議・都議予定候補、山添拓参院議員、板倉美千代区議)

e0365032_15523657.jpg

[PR]
by y-fukute | 2016-12-21 15:54

高齢者の住まいの願い実現へ! 特養ホーム・シルバーピアが必要です

 高齢者の住まいの確保は大変です。私も何人もの方々から「特養に入りたい」「都営住宅やシルバーピアに入居したい」と相談を受けるたびに施設建設の必要性を痛感しています。来年、春日にオープンする特養は区内6カ所目。定員は116人です。
 左から萬立区議、国府田区議、島元区議、板倉区議、関川区議、金子区議、細野真理衆院2区予定候補、小竹ひろ子都議、そして私です。
 みんなで「福祉の心で都政改革」の決意を込めて撮影しました。
 撮影してくださったのは区内のプロのカメラマンにお願いしました。ありがとうございました。
e0365032_15383967.jpg

[PR]
by y-fukute | 2016-12-21 15:40

はじめまして 福手ゆう子です。

 11月11日の記者会見で、来年2017年の都議選に小竹ひろ子都議からバトンを受け継ぐべく、発表をしてからあっと言う間に1カ月以上が過ぎました。この間、スタッフの皆さんと相談しながらブログ開設の準備を進めてきました。今後、ブログを通じて私の活動を報告したり、私の決意や政策を発信してゆきたいと思っています。
 どうぞ、よろしく。
e0365032_14523563.jpg
 この間、スタッフみんなでつくったポスターです。写真撮影からポスタースローガンまで、カメラマンを始め、たくさんのスタッフみなさんと一緒に作りました。ご協力大変ありがとうございました。この間、多くの方々にご協力いただき街に貼り出して頂きました。福祉の心で都政に挑戦!頑張ります。

※ブログの本格稼働までもうしばらくお持ちください。(福手ゆう子ブログスタッフ)

[PR]
by y-fukute | 2016-12-21 15:00


小竹ひろ子都議からバトンタッチ 都政に挑戦


by y-fukute

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

福手ゆう子プロフィール

◎2015年4月の文京区議選で初当選。文京区議会文教委員、災害対策特別委員。
◎1977年2月17日 岐阜県郡上市出身。名古屋外大中国語学科卒。映画「伊能忠敬」の撮影現場やフリーターで働く。06年~東京保健生協の病院勤務。15年4月、区議初当選。趣味、映画鑑賞。本駒込6丁目在住。家族は夫。

◎小竹ひろ子都議会議員 からバトンタッチ!
 2017年の都議会議員選挙で2人区の文京選挙区から都政に初挑戦します。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧